うーの独り言

Said-A 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
五年前。
五年前、

アタシはこれからの五年間あることをしなかったら、

一生そのことをしないだろうと思った。

それから五年間

そのことをすることはなかった。

だから、

今後そのことをすることはないだろう。

でも、

もし今後それをする機会があったとしたら

嬉しく受け止めようと思う。

スポンサーサイト
趣味な話。
今日はニコニコ動画でご当地ヒーローの動画を観て笑ったり萌えたりしていた。
宮城のシージェッター海斗や群馬のG-FIVEもかっこいいけど、やっぱり秋田のネイガーが一番なような気がする。クオリティーに関してはどれも上がっていくだろうし、ご当地ヒーローだけに地域がどれだけ力を入れられるかによって変わっていくと思う。じゃあなぜにネイガーがいいのかというと、どこのヒーローにもまねできない、あの『なまり』だと思う。あれにやられる人多いんじゃないかなー。






あとね、ふつうの全国版のヒーローっていわゆるイケメンさんなんだけど、体が華奢でしょ?
ネイガーはね、マッチョなんだよー♪顔だしはしてないのが残念なんだけどねー。


カッセイカマン5人いたと思うんだけど、みどりときいろどこいったんだろ?
不況でリストラ?(哀、、、
秋のせい。
今の時季はひと雨ごとに季節が深まりますね。寒いのは苦手だけど秋が深まっていく感じが好きです。食べ物もおいしくなるし、果物も自分の身も充実していく感がありますよね(笑)ただ、心は別みたいです。

風船のようにまんまるで軽いわけでもなく、かといって大きな穴が開いてしぼんでしまっているわけでもないんだけど、なんだかセンチメンタルというか、なんかこうつまづいて転んじゃったんだけど、人が見てたから泣けないみたいな心情というか・・・。なんとなく物悲しいというか。


うーん、、、秋のせいにしておこうかな。

当たり前なしあわせ。
それが当たり前なんだけど当たり前じゃない。


当たり前なことが当たり前じゃないことって何気にありますよね。
例えば、うまく説明できないんだけど、髪を伸ばすと下へむかって生えていく。それをポニーテイルとかにして上へと無理やり縛り上げる。地肌や髪には負担がかかっているわけです。老け顔だからなにかと頼りにされる。中身はみんなと同じなのに。心に負担がかかっているわけです。自然にさからった行為だから。そういった一見普通なことが実は当たり前じゃない。そういうことって自分でも気づかないうちにあったり、したりしている。


当たり前でいられる。


それって何でもないことのようにみえて、実は心にぜんぜんストレスがかかんなくてしあわせなことなんだよなーと思ったのでした。今はストレス社会と言われて(?)るから、そういった意味ではしあわせな人は少ないかもしれない。みんなどっかで無理しちゃってる。


その人の前ではありのままでいられる。
そういう人が自分をしあわせにしてくれるのかもしれないですよね。



理想。
前々から気づいていたから今さらなんだけど、いろんな自分がいるわけです。忍者の分身の術のごとく。ごまかしてる自分、虚勢はってる自分、ぶってる自分、ねこかぶってる自分、犬かぶってる自分?(笑)

あれー?自分ってこんなんだったっけ?どれが本当の自分だっけ??
最終的にはそのどれもが自分で、ひとりしかいないってわかってるんだけどね。

理想の自分にはなれそうもないけど、理想くらいはもってた方が良さそうだよね?じゃなきゃ本当にわけわかんなくなりそうだし。普段、今日はこういう自分って意識してるわけじゃないけどさ。

理想といえば・・・、

すきなアーティストの一曲に『無理に描く理想より、笑いあえる今日のほうがずっとしあわせね』という一節があるんだけど、なんだかそこが妙にひっかかるんだよねぇ。理想ってやっぱりある程度の無理は必要なんじゃないかなーって。理想には実現可能な相対的な理想と、到達不可能な絶対的な理想があるらしいけど、どっちも簡単にはいかないでしょ?理想よりも現実を見なさいってことなのかなぁ。理想主義者っぽい自分にはやっぱ難しいや。


あれー?ところで今日は何を書きたかったんだっけか??なんかどっかで脱線したっぽいw

ま、いっか。

動く心 動かぬ心。見える心 見えない心。
日々、心は動いているのだという。

でも、その根底には動かぬ心があるのだと思う。



優しい心が見える。

そんな心が見えてしまうと

その人の見えない心まで見たくなってしまう。

でもそれはきっとしてはいけないこと。

つい、わがままが口からこぼれる。



そんな気持ちは

動かぬ心に閉じ込めてしまおう。

そして

動く心で覆って隠してしまうんだ。



見過ぎない方法。
一日ブーツを履いて歩いた。
ブーツの重さで筋肉痛になったw
自分の足のひ弱さに驚愕したw


どうもね、こうだと思うと、もうそれしか見えなくなるというか猪突猛進型なんかなぁ。まぁ、突進したりはしないですけどね。電池の切れないおもちゃが壁に当たっても前に進んでいこうとしているようなゆる~い感じで突き進んでいく感じ?単純で応用が利かないタイプだと自分は思うわけです。たぶんね、それはもう目の前の『それ』しか見てないからなんじゃないかと思うんですよねぇ。だから、見過ぎないようにしてみようと思っているのです。余計なものは見ない。木を見るときには葉や花に目がいってしまいがちだけど、もっとこうシンプルに木そのものを見てみようと思ったわけです。虫めがねを使ったり双眼鏡を使ったりしながらね。そんなことをしているうちに木の幹だとか根っこだとかそういう大事なものが見えてくるのかなぁと・・・。


あいかわらず曖昧でわかりづらい文章書いてます(汗、、、
これからも自分は基本的にはなんにも変わらずにいると思います。だから、これからもわかりづらい文章を書き続けていくんだろうなと思います。お察しください。何を?って感じですよねぇ(苦笑、、、
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。