うーの独り言

Said-A 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
おば。
いつも明るくて優しく働き者で、時には自分を叱咤激励してくれるおばがいる。会うと『何でも溜めとかないで話しなさい。そのためのおばさんなんだから。』と言ってくれる。アタシが自分の中にいろいろと溜め込んでいってしまう性格なのを知っているのだろう。アタシの中では時に母であり、姉であり、友達でもある大事な存在なのだ。そんなおばを尊敬している。

先日おばが倒れ救急車で運ばれたのを、つい最近知った。ストレスによる過呼吸症で倒れたらしい。今はもう退院して自宅療養しているのだけれど、倒れるほどストレスを溜め込んでいたおばの力になってあげられなかった自分がすごく歯がゆい。なかなか会う機会もないのだけれど、なぜもっと早く会いに行ってあげなかったのか。


慎吾クンが主演した西遊記。観ていた人も多いと思うのだけれど、岩山からごくうをお師匠さんが出してあげる時に『大丈夫ですよ』と言う。そして、天竺に着いた時に、ごくうがお師匠さんに『大丈夫、大丈夫だ』、捕まえた者を酒に変えてしまうというひょうたんの中に入ってしまった時もお師匠さんに『大丈夫、大丈夫だ』と言う。その言葉に言われた者は安心をする。


前置きが長いが、自分はそういう存在になれたらいいなぁと思う。おばはまた過呼吸になるのではないかと怯えている。うーが大丈夫と言ったから、もう大丈夫なんだと思ってほしい。今はそんな信望も厚くないかもしれないけれど、いつかそんな安心をあげられる存在になれたらなぁと思う。



何気に西遊記フリークなのばらしちゃいましたねw

スポンサーサイト
一緒にお茶しましょう。
最近ちょっとでもわかんないことや『?』と思ったことをネット検索してしまう。そんなこと?と言われそうなくらい些細なことでもネットで検索すれば山のようにひっかかる。例えひとつもひっかからなかったとしても、ちょっと言葉じりを変えたりすればいくつかはヒットしたりする。ネットの中はものすごい数の言葉が溢れてるんだろうね。

―――-で、思ったことは、

人それぞれ事情は違えど、悩んでることは同じなんじゃない?ってことだ。

誰ひとりとして『そのこと』を考えたことがなく、自分ひとりだけだったら、いくらネット検索したってあがってくるわけがないし、同じようなことを悩んだり探しているからこそヒットするのだ。

そう考えると自分ひとりじゃないって思えるし、他の人が頑張ってるんだから自分も頑張んなきゃなぁとちらっと思えたりもする。それは決して『こういう人がいるから自分はいいや』というような自分の下をつくるということではなくて、互いに苦笑しながら『一緒にお茶しない?』と同じテーブルにつく感覚だったりするのだ。



って、わかりにくいね?
慣れ。
さっき家で飲んだばかりなのに通勤途中の車の中で、もうコーヒーが飲みたくなった。すでに口の中は会社の激安激まずコーヒーの味が思い出されていた。なんで会社のコーヒーなんだろう。自分の中で『コーヒー』で一番に思い出す味が会社のコーヒーなんて、もういくらおいしいコーヒーを飲んでも会社の激安激まずコーヒーに勝るものはないんじゃないか?もうその味が自分の中にコーヒーとしてインプットされているとしたら、慣れって怖いなぁ。

よくよく考えてみたらコーヒーだけじゃないんだよね。お寿司だって回ってるので充分満足できるし、ハンバーグだって牛豚のあいびきじゃなくたって鶏豚だって充分満足できるのだ。


なんて安上がりなんだろ、自分って。


小学校の頃、毎朝喫茶店の前を通った。いつも珈琲の良い香りがした。それを大きく吸い込みながら、大人になったら毎朝こんな良い香りの珈琲を飲もうと思ったのを思い出した。


コーヒーが大好きだ。コーヒーくらいはこだわろうかな。こだわりはあまり強いほうではないけれど、気に入るとかなりのめり込むタイプなのだ。でもそうしたら、もう愛すべき激安激まずコーヒーは飲めなくなってしまうかもしれない(苦笑、、、






おまけ
学生の頃コーヒーが好きすぎて、それはもう飲み物ではなくなっていた。
そう、スプーンに粉をとり食べていた。
いつの間にかそれをしなくなった自分は大人になったものだなぁ(しみじみ、、、
あ、くれぐれも真似はしないでくださいね。胃やられちゃいますから。


知らない。
いつも乗っている社用車、そろそろタイヤが寿命。
何気に乗って降りてみるとタイヤがパンクしてるの??っていうくらい空気がなかった。
それまでは何を気にするでもなく乗っていたわけだけれども、知ってしまってからは、スタンドに行くまでがちょっと怖かったりして。

案外、『知らない』ってことはシアワセなことなのかもな。

何かあったときには、それはただのいいわけにしかならないのだけれども・・・。
ぐだぐだな感じで。
突然、雷が鳴って急に激しく雨が落ちてきて、気温が高くなって暑いと感じるのもそうだけど、こういう雨の降り方をすると夏なんだなーと実感する。

昼間に車で移動することが多くなって、うっすら土方焼けしてきた。長袖着ればいいんだろうけど暑くてねー。だめだねぇ。

ひとしきり降った後の雲の向こうに7月は駆けて行ってしまいました。ほーんと早かったなぁ。
8月よー、こんにちは。お盆休みが楽しみなような、憂鬱なような?
なーんかできるかなぁ?




Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。