うーの独り言

Said-A 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
桜の話。
悪口を言った。
同時にボクの心も黒く汚れた。


[桜の話。]の続きを読む
スポンサーサイト
あーぁ。
ひとつ良くなってきたと思ったら、ひとつ悪くなって世の中うまくまわってるんだなと思う。すべてが自分の思い通りになって、うまくいくのなら不満やストレスもなくなるんだろうけど、なんだか少しつまんなくなる気もしてる。理想主義者な自分がこんなこと言うのはちょっとおかしいかな?

溶け込めない現実にイラだったり、泣いたり笑ったり。
あれもこれもやりたくて、結局なにもできなかったり?

あーぁ。なにやってんだかなー。もう。
ふと。
早いもので、母が旅立ってから17年もたってしまいました。病院のそばに河があり、その堤防沿いに桜が満開だったのを覚えています。おばが母に『花見に行こう』と声をかけてくれていました。

大橋卓弥サンの『ありがとう』という歌の一節に『あなたの願うような僕になれていますか?』とあるのですが、母はアタシにどんな風に育ってどんな大人になって欲しかったんでしょうねぇ。母が望んでいたような大人にはなれていないでしょう。だって、自分でも思い描いていた大人にはなれていないんですから。なんだか申し訳なく感じます。

17年という月日の中でアタシはいろんな経験をしてきているんだけど、それが自分の成長に繋がっているのかというと(?)な感じです。ホントに困ったちゃんです。

でもね、人の心はあったかいんだなぁってわかりましたよ。
もうじきこちらも桜が満開になります。いつもありがとう。


肥える。
人間は忘れる生き物なんだってどこかで聞いたことがある。
女性が出産する時の痛みも忘れるから次もまた産むことができる。
辛いことも忘れるからまた歩いていける。

でもきっとね、忘れてないんだよね。
記憶が薄れるだけ。心のどこかにはその時の感情が残ってる。
うれしかったことも、かなしかったことも、くやしかったことも。
たぶん、ぜーんぶ。
そういうことを乗り越えるんじゃなくて、そういうもの全部に後押しされて今の自分がいるんだろうなと思う。

これからもいろんなことで、いろんな感情が自分の中でうまれて残っていくんだろうけど、お菓子とかで肥えていくんじゃなくて、そういうもので人間的に大きく肥えていきたいな。



ボクは乗り越えていくことができません。だから、ぜんぶぜんぶ覚えていようとおもいます。


エイプリルフールな話。
いつか電車にゆられて


[エイプリルフールな話。]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。