うーの独り言

Said-A 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
輪。
病院に行く。今の病院って一昔前と違って雰囲気違うね。特に最近の建物の場合だと木をふんだんに使ってるというか木目調だったり、窓も大きくて自然光がはいってきて明るくて。先生も上目線じゃなくって、なんだか優しくてフレンドリー。でも、そういう雰囲気って病院によって違うのかもしれないけど。

今回行った病院はキリスト系のホスピスのある病院。だからなのか、なんだか慈悲の心が感じられる。すべてが優しい感じ。先生も看護士さんも、そこに働く人たちがそんな雰囲気をもっている。類は友を呼ぶというけれど、まさしくそんな感じなのだ。家族も仲のいい友達同士でも恋人でも一緒にいると雰囲気が似てくる。この病院でもきっとそういうことが起きているのだろう。

自分が属しているであろういろんな輪の中でも、たぶんそういうことが起きていて、その輪に属している人たちも自分にとっても心地よい場所であってほしいなと思った。ギスギスした輪や見栄ばかりの輪には属したくないよね。
スポンサーサイト
イッツ ア スモール ワールド。
世界は ひーとつ♪
世界は ひーとつ♪

世界各国の民族衣装を着た人形たちが手を繋いで同じ歌をうたう。

世界が平和になればいい。
あの人もこの人もみんな幸せになればいいと本気で思う。

でも、ちょっと違う気がしてるのは、

ひとつの世界にしようとするから争いごとや苦しい想いをするんじゃないのかな。

人を自分と同じフィールドに立たせようとするから争いごとが起きる。せつない想いが生じる。
人は十人十色。自分とは違う。
例えぴったりと寄り添った恋人同士でさえも、その愛し方は違うから。
自分と同じだと思うから『どうして?』っていう想いがきっと生まれてしまうのだろう。

みんな違ってみんないい (金子みすゞ)

この方が自分にとっては説得力あるんだな。
ひとつにならなくても違うからおもしろいんだろう。

と、自分の中の自分を中心に回るスモールワールドで思うのだ。
怖いもの。
年をとる度にアタシはズルクなってキタナクなっている。
その分、理不尽なことに耐えられたりしている。

だけど、

根っこの本当の『アタシ』という部分では
ショックを受けると回復するのに時間がかかるようになった。
もちろん、表面上では繕っているのだけれど。

年齢を重ねるごとにいろんな経験をしている。
それこそ人に言えないようなこともある。
普通に考えれば一度経験したことは教訓となって
次に受けるダメージは軽くなるハズなのだけれど
回復に時間がかかるということは
その分なにかが弱くなってしまったのだろう。

昔より『怖いものを知ってしまった』ということなのかもしれない。

シネバイイノニ。
ニコニコ動画を観る。サイテー、最悪な動画。そこについてるコメントもキタナイ言葉ばかり。
『うp主シネ。まだ削除されないの?やらせだろ。』
その前に観ていた動画がとてもよいものだったので、なおさらサイテーにみえる。

シネなんて身近な人の死を経験してしまった自分には軽々しく口にできないよ。生きたい人だっていっぱいいるんだ。でも、生きてるから死にたいとは思わなくても消えちゃいたいと思うことも多々あるんだよね。なんか矛盾してるかな?

サイテーな動画にサイテーなコメントって実はその動画に嫌悪を抱いてる人がいっぱいいるってことなんだよね。世の中いい人もたくさんいるってことだ。ちょっと安堵。

『生きたい』と『逝きたい』って思ってることは真逆なのに同じ『いきたい』なんだね。そんなことに今気づいたよ。
A Happy New Year
新しい年が始まりましたね。

自分は人に対して壁の厚い人だと思うのですが
今、仲良くしてくださっている方がたは
そんな自分の壁を乗り越えてきてくださった方がただと
思っているわけです。
たぶん、自分から乗り越えることはナイと思うので。
自分は人に対して壁も厚くて距離もとってしまうけど
いったん内側に入られると拒否れないというか
弱いんです。(と、こんな弱点さらしていいのだろうか・・・。)
もう外へは出しませんよ?
一生仲良くしていただきます♪♪

みなさんにとって新しい年が素敵な良い年になりますように♪

今年はたくさん笑っていたいです。
嫌なことがあっても鼻で笑っていたいです。
でも、
泣きたい時に笑っているのは
よけいに悲しいと思うので
泣きたい時は思いきり泣きたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。